耳鼻咽喉科で補聴器相談

耳鼻咽喉科で補聴器相談

耳の調子が悪くて、最近音が聞こえにくい。
そんなとき補聴器を作ろうと考えたら、皆さんはどこへ行きますか?
補聴器販売店で補聴器を作るのも1つの手段ですが、
まずは耳鼻咽喉科を受診してみることをおすすめします。
難聴には様々な原因がありますが、その中には治療によって改善出来るものも少なからずあるからです。
いきなり補聴器販売店へ行くよりも、
まずは耳鼻咽喉科で自分の耳がどんな状態になっているのか確認した方が良いでしょう。
補聴器を作る可能性が少しでもあるという人は、
補聴器相談医に認定された耳鼻咽喉科医がいる病院で治療を受けてください。

 

補聴器相談医とは、日本耳鼻咽喉科学会が認定した補聴器に関するスペシャリストです。
補聴器に関する講習や実習を経験しており、
定期的に更新を繰り返していますから、補聴器に関する最新の情報を知っているプロといえます。
補聴器相談医であるかどうかは、
耳鼻咽喉科のホームページなどに乗っていることが多いので確認してみましょう。
検索エンジンにおいて、
自分が住んでいる地域と補強器相談医というキーワードを入力してから検索をかけるのが簡単です。
補聴器を作る流れは以下の通りです。
まずは、触診や電子スコープで耳、喉、鼻の状態をチェックします。
次にどのくらいの音が聞こえるのかという測定と、
言葉や音の種類など聞き取りにくい音に関する判別検査に移ります。
その後、診断とどの種類の補強器を作るのか医師と相談してから実際に補聴器を作っていきます。
作ってしまって終わりではなく、その後のアフターケアも丁寧に行っているのです。
補聴器を作ろうと考えた際は、まず耳鼻咽喉科を訪ねてみましょう。