バイクメンテナンスについて

バイクメンテナンスについて

チェーンのチェック

 バイクというと、どちらかと言えば「自動車」に近いイメージを持っているという人も少なくないようですが、構造的な部分に関して言えば、自動車よりはずっと「自転車」に近いといえます。
もちろん、エンジンや電気系統に関しては、自転車よりも自動車のほうに近いと言えることは間違いありませんが、しかし、エンジンや電気系統以上にトラブルを起こしやすい「自転車と同じ構造の部分」をまずはしっかりとチェックしておく必要があります。

 

 バイクで出かける際には、必ずチェックしなければならない項目がいくつかありますが、その筆頭となるのが「チェーン」です。チェーンにトラブルをきたしてしまうと物理的に移動が不可能になってしまいます。
万一夜中の山の中でそんなトラブルに見舞われてしまったら、その場で泣きたい気分になってしまいます(私はその経験者です)。

 

 なぜチェーンにトラブルを発しやすいかというと、走行中チェーンは常に緊張状態を維持しながら猛スピードで回転しているため、1回の走行で緩みが生じやすいからです。
ですから本来であれば、走行するたびにメンテナンスしておきたい箇所であると言えるのです。
その意味で、毎回バイクで走行するときにはその都度チェーンのたわみをチェックしておく必要があるのです。

 

 たわみだけでなく、チェーンの破損の可能性などもチェックできることがベストではありますが、それだとさすがにメンテナンスに時間がかかり過ぎてしまいますので、たわみのチェックだけでもよいでしょう。

チェーンのチェックの方法

 バイクの命とも言えるのが「チェーン」です。
トラブル回避のために、バイク走行の前にはその都度チェーンのチェックをすることが重要です。
そのチェックの際に、より有効なチェックの方法は、「ふたりで点検する」ということです。

 

 というのも、チェーンのチェックというのは、チェーンの張り具合やたわみ具合をチェックすることになるからです。
つまり、ひとりがバイクに乗った状態で、もうひとりがチェーンの状態をチェックするという形が理想になるからです。

 

 このときに、ひとりが乗車したままもうひとりがチェーンを指で押し上げることで、チェーンの張り具合、たわみ具合を確認することができます。
チェーンはあまりにも緊張しすぎていても負担になりやすいですから、適度に「あそび」がある状態がベストであると言えるでしょう。

 

 ふたり1組でチェーンのチェックをするときに重要なことは、バイクに乗っている人がチェックをしている人の状況をしっかりと確認しておくことです。
まさかチェック時にいきなりエンジンをかけるようなことは起こらないでしょうが、ひとりがチェーンに触れているときにバイクが動いてしまうと、大けがにつながるリスクも考えられますので、それだけは絶対にしないようにしてください。
だからこそ、バイクに乗っている人が、もうひとりが現在どんな状況であるのかということをしっかりとチェックしておくことが重要であると言えます。

 

 まあひとりでできないことはありませんが、ふたりいたほうがより確実なチェックができるはずではあります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ